玉藻の前 アンケート

 

 

(出演者・関係者のみで、ご覧願います)

 

(お客様から頂いた アンケートの1部を ご紹介させて頂きます)
 

子供たちと観劇しました。コンテンポラリー作品は親子共々初めてでしたが、踊り、音楽、演出全てが素敵で、終わった後も皆目がキラキラウルウルしていました。

 

とくに印象に残っているのは、兼輔と実雅の戦いのシーンと、ラストの祈祷&詠会がステージ2分割で進行していたシーンです。迫力があり最高にクールでした!


一回限りの公演ではあまりに惜しいので、有料オンライン配信などもぜひ検討していただきたいです!
 

コンテンポラリーの全幕物の公演を初めて拝見し、その解り易さとクオリティーの高さに驚きました!
 

コンテンポラリーはなかなか理解し難いものが多いという印象で苦手意識がありましたが、それが本日の玉藻の前公演ですっかり払拭されました。
 

迫力ある和楽器による生演奏、コンテンポラリーにも関わらず美しいお衣装、そしてダンサーの方々の迫力あるダンス!
 

全幕物コンテということでダンサーの方々の感情表現も素晴らしく、見入ってしまいあっという間の2時間でした。
 

キャスティングも其々のお役にピッタリの方を選んでおられ、納得の配役でした。


出演者、演出、音楽含めて素晴らしかったです。

一回では物足りない、素晴らしい舞台でした。

 

場所的に諦めようかと思いましたがギリギリで来れたので、開演時間が18:30でしたらもっとお客さんが来れたかと思います。再演を強く希望します。


仕事の都合で2幕からしか観られなかったのですが、プログラムでストーリーを読んでいたので、内容がよくわかって感動しました。

特に、陰陽師たちと玉藻の前が対立して踊り、玉藻の前が死ぬところは鳥肌がたちました。

普段はクラシックを観ることが多く、コンテンポラリーは苦手意識があったのですが、観ることができてよかったです。

和の衣装もひらひら舞っていて美しかったです。

シンプルな舞台装置も場面に応じて上手くいかされていて、物語の世界に入り込めました。生演奏は迫力があってよかったです。どの踊りも見応えがあって、あっという間に終わったように感じました。

和楽器と作品の世界観とダンスが相乗効果で引き込まれました。飯島望未さんの妖狐、ハマり役でした。幼少期を演じた児玉アリスさんのダンスや表情の変化も素敵でした。人間界に時折紛れている3匹の狐たちのつくる雰囲気がとても良かったです。

小3の娘と2人で伺いました。コンテンポラリーの全幕、和物、生の雅楽…と娘にとっても私にとっても初めて尽しの演目で少し不安はあったのですが、すぐに杞憂に終わりました。

 

ダンサーの方々や、奏者の方々のエネルギーに当てられ、親子共々心地よい疲れでぐったりとしながら帰路につきました。
 

予習のために本を購入し伺ったのですが、これからは本を読みながら公演を思い出し反芻したいと思います。再演…あるといいなぁと願っております!

次々と色々な場面があり見応えがありました。衣装がすごくステキでした。楽器が踊りをより一層迫力あるものにして魅了しました。

 

一回の公演では、もったいないです。また観たいです。スタッフ、ダンサーの皆さんお疲れ様でした。感動をありがとうございました。