Message 

Mika Sasaki 

 いにしえの陶工による、茶器の美しさに、またポストモダニズムの流れから生まれた椅子の曲線美に今、新しさを感じる。単純なラインで意匠された作品から、心地良さと共に、ある種の崇高なメッセージを受け取り、創作意欲を駆り立てられる。
 

 日本にバレエが伝わって百年、ダンサーのプロポーション、テクニック、身体を貫く舞踊教育と美意識、表現の延長線上にあるコスチューム、舞台美術と技術、それぞれ大きな発展を遂げて来た。しかし思うに、案外大切なコアになるものは、舞台もダンサーも変わらないものだ。
人間が演じ、観る客も人間なら変わってはいけないものがあると信ずる。
 

 数年前に亡くなられた劇作家の井上ひさし氏が残した言葉がある。シンプルな、ドラマ作りの極意がここに見える。それは、舞台作りのみならず、リハやレッスンの現場にも当てはまる。
現在の日本において、ダンサーには、様々な選択肢が開かれている。職業ダンサーの受け入れ先全体像は、黎明期にあるのかもしれないが、私は、大和シティーバレエを通じて、この地で培われた感性を大切に、固有の舞台作品を国内外に発表して行く思いを新たにしています。

 

むずかしいことをやさしく、

やさしいことをふかく、

ふかいことをゆかいに、

ゆかいなことをまじめに

 井上ひさし

 

Take difficult things easy,
think of easy things deeply,
make the deepest things humorous,
for humor should be profound.


 Hisashi Inoue

YCB_LOGO.png
ⓒ Yamato City Ballet
  • Facebook
  • Instagram